/

この記事は会員限定です

ビッグBiz解剖(上)キリン、聖域なき風土改革

再起かけ「過去」と決別 花形部署に外部人材/社長塾で若手と議論

[有料会員限定]

キリンホールディングスが再起をかける。主力のビールは海外での規模を追うM&A(合併・買収)を志向した過去と決別、不採算事業の売却など経営の合理化にめどをつけた。「外科手術」は終わったが、新たな成長に向けてイノベーションを生み出す「内科治療」はこれからだ。外部からの中途人材の登用など社内組織の風土改革を進める。

「これからは外部から中途採用した人材が5割になっても構わない」。4月の入社式。新入社員を前に磯崎功典社長はこう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン