日航機墜落34年「忘れられない」 冥福祈り灯籠流し

2019/8/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故が12日で発生34年となるのを前に、現場となった御巣鷹の尾根のふもとを流れる群馬県上野村の神流川で11日、遺族らが灯籠を流し、犠牲者の冥福を祈った。

墜落時刻の午後6時56分が近づくと遺族らは「みんな元気にがんばってます」「空の上から見守っていてください」などと書かれた灯籠を川に流し、手を合わせた。

父の若本昭司さん(当時50…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]