/

この記事は会員限定です

16日、スパコン「京」運用停止

後継「富岳」裾野広がるか

[有料会員限定]

日本の科学技術力の象徴である国産スーパーコンピューターが生まれ変わる。神戸市の理化学研究所の拠点で2012年に本格稼働した現行の「京(けい)」が16日に運用を停止し、大学の研究者や企業による利用を終える。秋以降に京を撤去し、後継の「富岳(ふがく)」に代替わりする。20年代に世界のスパコン開発は京の計算速度を100倍上回る「エクサ級」と呼ぶ新たな次元に入る。米国と中国が存在感を放つなか、日本の研究開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン