RIZAP、営業黒字 4~6月、本業のジム好調 2年ぶり14億円

2019/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

RIZAPグループが9日発表した2019年4~6月期連結決算(国際会計基準)は営業損益が14億円の黒字(前年同期は13億円の赤字)だった。ジム事業の好調や子会社の採算改善で2年ぶりの黒字に回復した。一方で最終損益は1億円強の赤字(同31億円の赤字)にとどまった。80社超に及ぶグループ企業の立て直しはなお道半ばだ。

本業のジム事業は健康意識の高まりを背景に好調だ。6月末の店舗数は129と1年前より…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]