/

この記事は会員限定です

細胞シート貼って肝硬変の症状軽減

[有料会員限定]

鳥取大学 汐田剛史教授らは肝臓に貼ると重い肝硬変の症状を軽減し肝機能改善が期待できる細胞シートを開発した。マウスの肝臓で線維化を抑える効果を確かめた。鳥取大発スタートアップ企業のカノンキュア(鳥取県米子市)と協力し、2020年度の臨床試験(治験)開始を目指す。

肝硬変の原因はウイルス感染や大量飲酒、肥満などで起こる肝炎だ。線維ができて組織が硬くなる。肝硬変が進んで肝がんに至る例も多い。重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン