/

この記事は会員限定です

PTSDのマウス、認知症薬で改善

[有料会員限定]

東京大学 喜田聡教授や石川理絵助教らは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が認知症の治療薬で改善することをマウスの実験で見つけた。不安やおびえの症状が薬を与えるとやわらいだ。新しい治療法の開発につながる。

PTSDは生死に関わるような恐怖体験が原因で発症する。つらい体験を何度も思い出したり、不安やうつの症状が出たりする。

患者が医師に恐怖体験を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン