2019年9月20日(金)

PTSDのマウス、認知症薬で改善

2019/8/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学 喜田聡教授や石川理絵助教らは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が認知症の治療薬で改善することをマウスの実験で見つけた。不安やおびえの症状が薬を与えるとやわらいだ。新しい治療法の開発につながる。

PTSDは生死に関わるような恐怖体験が原因で発症する。つらい体験を何度も思い出したり、不安やうつの症状が出たりする。

患者が医師に恐怖…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。