ドラ猫進化論 沼田朗著 動物の視線で社会見つめる

2019/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「お魚くわえたドラ猫」とは人気アニメの主題歌の歌詞だが「ドラ猫」とは何だろう。調べるうち、生物や人類の長大な歴史から日本の住宅史まで、多様な方向に思考を巡らせることになったユニークな本だ。

飼い主のいない猫を野良とすれば、ドラは盗み食いをする猫。「ドラ」には「道楽者」のような意味があるという。本書によれば、こうした猫が認知されているのは日本だけのようだ。

日本の文献に猫が最初に現れるのは平安時代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]