大分断 タイラー・コーエン著 現状に満足する米社会分析

2019/8/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国でのトランプ政権誕生は、ラストベルト(さびた地域)に暮らす恵まれない白人たち(トランプ氏は「忘れられた人々」と呼ぶ)の支持が大きかったと分析されることが政治的には多い。本書はその前に、ここ10年ほど米国はイノベーションに消極的となり、現状に満足する社会になってしまった土壌を詳細に分析する。「米国を再び偉大に」というトランプ氏の選挙スローガンは「きわめて後ろ向きのビジョン」と断じ、現状を変えた…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]