こころの玉手箱法政大学総長 田中優子(1) 松岡正剛筆の短冊

2019/8/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

編集工学研究所長の松岡正剛は「千夜千冊」という上質の書評をネット上で書き続け、ついに1700冊を超えた。その全貌は目下、次々に文庫化されている。

1960年代後半、私が高校生のころに松岡正剛の活動は始まった。まさに高校生に向けて作られた「the high school life」である。時代の先端をゆく文化人が続々登場して語る新聞だった。私が大学生、大学院生であった70年代には、「遊」という理系…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]