小説家の思考 新書で探究
カッコよさ、老い、AI時代の人間と社会…

2019/8/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

小説家が現代社会を見据えた新書が相次ぎ刊行されている。カッコよさ、老い、人工知能(AI)と、いま注目のテーマに関して、独自の考え方を率直につづっている。

「『カッコいい』という概念は、20世紀後半から現代にいたるまで人やお金を動かしてきた。それを真正面から論じた本はこれまでなかったように思うので、自分で書きたくなった」

気軽に読める形

7月に「『カッコいい』とは何か」(講談社現代新書)を出した小説…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]