/

この記事は会員限定です

温暖化に揺れる国際政治

懐疑論台頭 米欧で争点に 東京大学教授 古城佳子

[有料会員限定]

今年も世界で異常気象が続いている。アメリカ、ブラジル、バングラデシュでは大洪水、欧州やインドでは未曽有の熱波が生じた。日本も猛暑、豪雨、記録的日照不足に見舞われた。近年の異常気象の多発に直面すると、その原因とされる地球温暖化(気候変動)の対策が進んでいるか気になる。

地球温暖化は、一国では対応できず国際協力が必要な典型的なグローバル・イシュー(地球規模問題)であり、対応策として1992年に国連で気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン