人材獲得、態勢整備が急務

2019/8/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

ベトナム人材の受け入れ拡大に向けた動きは民間でも進むが、今後は県外自治体との獲得競争が激しくなる。外国人に選ばれる地域となるためには、早期に受け入れ態勢を整備する必要がある。 医療・介護施設運営ののぞみグループ(小諸市)は今年ベトナムに現地法人を設け、日本での就業を目指す人に日本型の介護や語学を教える事業を始めた。同グループなどは外国人技能実習生に研修をしたうえで、首都圏などに送り出している。在…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]