クリックセブン、沖縄進出1カ月 「本土らしさ」で集客力持続

2019/8/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セブン―イレブンが沖縄県に進出して1カ月がたった。沖縄は47都道府県で唯一セブンの店がなかっただけに県民の期待は高く、今も集客の勢いを保っている。地元コンビニ各社は対抗策を打ち出しており、競争は激しさを増しそうだ。

「いらっしゃいませ!」。8月上旬の平日午後、那覇市内のセブン店舗は地元客で混み合っていた。店頭には「オープン」の垂れ幕。近くに他社のコンビニもあるが、レジには約10人が列を作っていた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]