/

この記事は会員限定です

参天製薬、インド参入

緑内障薬など年内投入

[有料会員限定]

眼科用医薬品大手の参天製薬はインド市場に参入する。まず緑内障治療薬など2製品を2019年中に発売。経済発展や従来遅れがちだった医療インフラの整備に伴い需要が広がると判断した。5年後に品ぞろえを5種類に増やし、アジア向け販売の拡大につなげる。

日本などで実績のある医療用医薬品の緑内障・高眼圧治療剤「タプロス」と、ドライアイの点眼剤「ヒア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン