三浦工業、19%最終減益 4~6月 訪日客向け需要一服

2019/8/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三浦工業が7日発表した2019年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比19%減の19億円だった。訪日観光客(インバウンド)の増加や省力化で好調だった国内の業務用洗濯機や乾燥機の需要が一服した。メンテナンス部門の増員によるコスト増も響いた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]