/

この記事は会員限定です

高リスク資産、避けるマネー

新興国、低格付け債に売り

[有料会員限定]

世界の投資マネーが高リスク資産を回避する動きを強めている。米中対立が先鋭化し、新興国の株や高利回り債など相対的にリスクが高い投資資産の価格が下がっている。新興国の信用力指標も悪化が目立つ。米国では目先のリスクが大きいとの見方から、景気後退の前兆とされる長短金利差の逆転(逆イールド)幅が拡大している。各国の政策余地は乏しく、市場がショックに弱い理由となっている。

「米中間の摩擦は落としどころが見えな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン