いつかはステーキ 培養中
第5部 食サプライズ(1)

2019/8/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

手のひら大の容器がびっしりと並ぶ。1つ取り出してのぞき込むと、ピンク色の液体に何かが浮かんでいる。「ウシの細胞を培養した肉です。今は1センチメートル角まで育てるのがやっと。ゆくゆくはステーキ肉の大きさにしたい」。東京大学の竹内昌治教授は「培養ステーキ肉」を2025年ごろまでに実現するという野望を抱く。日清食品ホールディングス(HD)との共同研究にも力が入る。

果物や野草、昆虫を食べていた人類が肉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]