/

この記事は会員限定です

バスケ女子日本代表 藤岡麻菜美(下)

「譲られた先発」悩み深く/真価問われる1年原点へ

[有料会員限定]

藤岡麻菜美が所属するJX-ENEOSは3月、史上初のWリーグ11連覇を遂げた。同じポイントガード(PG)の「レジェンド」吉田亜沙美の現役最終戦にもなったファイナルで歓喜の輪に加わりながら、わずか15分程度の出場に終わった藤岡の心は揺れていた。「リュウさん(吉田)がゲームメークしてチームが勢いづくのをベンチから見るのが、本当に悔しくて。悩みの絶頂だった」

ファイナルを含め、昨季の先発は藤岡に固定され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン