外国人指揮者、同じ目線で
団員との対話重視「ソフト派」主流に

2019/8/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日本のオーケストラを指揮する外国人指揮者の気質が変わってきた。カリスマとして君臨するタイプは影をひそめ、団員と対話を重ね、対等な立場で演奏を創り上げる「ソフト派」が主流だ。

「欧州ツアーの合間には団員と食事に出かけ、英語で気さくに会話していた。とても真摯な人」。フィンランド出身の気鋭指揮者ピエタリ・インキネンをそう評するのは、日本フィルハーモニー交響楽団の平井俊邦理事長だ。日本フィルは4月、イン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]