/

この記事は会員限定です

防衛相、日米同盟強化で重み

[有料会員限定]

中東・ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想、在日米軍駐留経費の見直し問題――。日米同盟にかかわる安全保障政策の難題に取り組むのが防衛相ポストだ。来年の大統領選をにらんで、トランプ米政権が要求を強める可能性もある。

米側でカウンターパートとなる国防長官は日本で外相にあたる国務長官と並んで政権の中枢を担う最重要閣僚だ。政府で最大規模の職員数や予算をもつ国防総省を取り仕切り大きな権限を握る。

日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン