初のiPS移植実施の高橋氏 理研退職、新興社長に 難病治療の新手法探る

2019/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

理化学研究所を7月末に退職した高橋政代氏は5日、日本経済新聞社などの取材に応じ、スタートアップ企業のビジョンケア(神戸市)の社長に1日付で就いたと明らかにした。高橋氏は理研でiPS細胞を使う再生医療研究を進めてきた。理研は再生医療スタートアップのヘリオスと大日本住友製薬などとiPSを使った目の治療の実用化を目指してきたが、ビジョンケアは細胞治療に限らず新しい治療法に取り組む。

ビジョンケアは目の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]