/

この記事は会員限定です

トラック貨物、荷動き鈍化

中国向け出荷減響く 運賃は当面、高値圏

[有料会員限定]

企業間物流に使うトラックで運ぶ貨物の荷動きが鈍化している。米中貿易摩擦に伴う中国景気の減速で、機械など貨物の荷動きが鈍った。荷動き指数は2年ぶりに2四半期連続のマイナスで、先行きもマイナス圏が予想されている。ただ、トラック運賃は高止まりが続いている。深刻なドライバー不足が理由で、日本通運は8月からチャーター運賃を1割引き上げた。荷動きが陰っても運賃は当面高値圏が続きそうだ。

日本通運系のシンクタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン