/

この記事は会員限定です

バスケ女子日本代表 藤岡麻菜美(上)

得意のドリブルで攻撃けん引/リオ落選の悔しさ胸に東京へ

[有料会員限定]

スターの退陣はそのまま後継レースの始まり。東京五輪で初のメダルを目指す女子バスケットボール日本代表で、藤岡麻菜美(JX-ENEOS)は司令塔争いのただ中にいる。長年代表をけん引した吉田亜沙美が3月に現役引退。所属先と代表でその背中を追ってきた25歳は「1年後、先発でコートに立つのは自分」と強い覚悟をにじませる。

8強止まりだった2016年リオデジャネイロ五輪以降、日本は速い展開や外角シュートに磨き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン