/

この記事は会員限定です

8月6日 世界初の太陽熱発電、香川県で稼働

[有料会員限定]

1981年8月6日、香川県仁尾町(現在の三豊市)で世界初の太陽熱発電が始まった。オイルショック後、石油に代わる新エネルギーの開発を目指して国が進めたサンシャイン計画の一環で、瀬戸内海に面する日照に恵まれた塩田跡地に100億円の巨費を投じて実証プラントが建設された。多数の鏡で集めた太陽熱で発生させた蒸気でタービンを回し、1000キロワットの発電に成功した。施設を含む一帯では建設を記念して同年3月か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン