/

この記事は会員限定です

人材業からみた企業の課題 安い賃金前提、もう限界

パーソルホールディングス社長 水田正道氏

[有料会員限定]

人手不足が企業経営の大きなリスクと指摘されるようになって久しい。人材サービス業からみた日本企業と雇用の課題はなにか。「テンプスタッフ」などのブランドで事業展開するパーソルホールディングスの水田正道社長に聞いた。

――6月の有効求人倍率は2カ月連続で下がりました。労働需給の状況は。

「企業の4~6月期決算を見ると確かに不透明感は出ているが、人手不足という基本的な構造は変わらないだろう。半導体関連などは状況を注視する必要があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン