/

この記事は会員限定です

デジタル手続法を実効性あるものに

[有料会員限定]

政府のデジタル化に向けた取り組みが進んでいる。昨年策定されたデジタル・ガバメント実行計画に続き、今年5月にはデジタル手続法が成立した。様々な行政手続きをオンラインで完結させるデジタルファースト、同じ資料を何度も提出させないワンスオンリーを掲げ、申請や処分の通知のオンライン実施、行政組織間の情報連携による添付書類の省略など、原則オンライン化を法律で定めた意義は大きい。また引っ越しなどの民間企業に関わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン