/

この記事は会員限定です

<法トーク>中国模倣品対策に知恵

サントリーHD 竹本一志氏

[有料会員限定]

「中国でのデザイン模倣は年々巧妙化しており、対策にも知恵が必要」と指摘するのはサントリーホールディングスの知的財産部長の竹本一志氏。飲料のパッケージデザインを「意匠法に抵触しないギリギリの線を狙ってまねされる」。当該の中国企業は、その少し改変したデザインで現地の意匠権まで取るという念の入れようだ。

「飲料メーカーにとってパッケージ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン