/

この記事は会員限定です

人工骨など向け高強度の新合金

[有料会員限定]

大阪大学 中野貴由教授と永瀬丈嗣准教授、松垣あいら特任講師らは、人工骨や人工歯根(インプラント)など向けの新合金を開発した。チタン、ニオブ、タンタル、ジルコニウム、モリブデンの金属元素で構成した。生体になじみやすく、強度は現在使われているチタン合金の約1.3倍。室温での加工も容易だ。5年後の実用化を目指す。

開発したのは5種以上の金属元素をほぼ均等な割合で含む「高エントロピー合金」の一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン