大学間の格差問題 国公私、腹割った議論を
国立大学協会長 永田恭介氏に聞く(下) 私立の価値は独自性/ミッションの再定義も

2019/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国立大学協会長に就任した永田恭介筑波大学長は、国立大と私立大の格差問題について、政府の高等教育無償化政策の効果に注目する一方、国私間の話し合いの重要性を指摘する。

――私立大学から、国私間の公財政支出の格差是正を求める声が強まっています。

国公私立間の格差問題は経済的な視点と学問上の視点がある。

経済的格差では今回の高等教育無償化政策の効果に注目している。無償化で国公私立の入学者層に大きな変化が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]