南極の施設で千葉大の光検出器「D-Egg」を採用

2019/8/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

千葉大学が開発した光検出器「D-Egg」(ディーエッグ)が、国際協力による南極の素粒子観測施設「アイスキューブ」に採用されることが決まった。謎の多い素粒子ニュートリノをより高精度にとらえられる。

アイスキューブは感度向上などの改良を計画中で、5160個ある光検出器に約700個を追加する。このうち300個…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]