審判書押印偽造 書記官を処分 仙台地裁

2019/8/2付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

仙台地裁は2日までに、宮城県内の家裁に勤務していた時に家事調停の審判書の押印を偽造したとして、同地裁の50代男性書記官を停職1カ月の懲戒処分にした。書記官は1日付で依願退職した。

地裁によると、書記官は6月中旬、審判書に裁判官の押印がないことを隠そうとして、正しく押印さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]