/

この記事は会員限定です

審判書押印偽造 書記官を処分

仙台地裁

[有料会員限定]

仙台地裁は2日までに、宮城県内の家裁に勤務していた時に家事調停の審判書の押印を偽造したとして、同地裁の50代男性書記官を停職1カ月の懲戒処分にした。書記官は1日付で依願退職した。

地裁によると、書記官は6月中旬、審判書に裁判官の押印がないことを隠そうとして、正しく押印された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン