/

この記事は会員限定です

音楽祭監督 ルネ・マルタンさん

芸術家は「文化大使」(5)

[有料会員限定]
 2000年からは「ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日」(LFJ)の世界展開に乗り出した。日本はアジアで唯一の開催地だ。

リスボンやワルシャワでもLFJを開いていますが、アジアがどうしても必要と考え、クラシック人気が根強い日本に着目しました。

事前に何度も日本を訪れ、日本人の音楽の楽しみ方や音楽教育の現状、アマチュア音楽家の活動をつぶさに見て回りました。クラシックの知識もとても豊かで、演奏を聴くときの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン