/

この記事は会員限定です

日韓外相会談、平行線 きょうにも閣議決定

日本側は元徴用工、韓国側はホワイト国除外で譲らず

[有料会員限定]

【バンコク=佐堀万梨映】河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は1日、日本政府による対韓輸出管理の厳格化の発表後、初めて会談した。元徴用工訴訟問題でも原則論に終始し、議論は平行線だった。日本が輸出管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外すれば、さらなる関係悪化は避けられず対立の出口は見えない。

会談はASEAN地域フォーラム(ARF)など関連会合の会場となるバンコク市内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン