/

この記事は会員限定です

音楽祭監督ルネ・マルタンさん

芸術家は「文化大使」(4)

[有料会員限定]
 国際音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日」(LFJ)は、有望な若手音楽家を世界に紹介する場でもある。

自宅に3万枚のクラシックCDがあり、携帯端末には常に1千曲を入れて持ち歩いています。各国のアーティストや音楽教授などのアドバイスを参考に、最近は「スポティファイ」などの音楽配信サービスも利用して、どのアーティストがどんな曲をどんなレベルで演奏するのかをいつも探っています。

心に響く演奏に出合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン