生産性向上、企業に迫る 介護の人手不足、省力化で緩和

2019/8/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2019年度の全国の最低賃金を引き上げる目安は過去最大の27円となった。人件費の増加を懸念する経営者側が押し切られた。

菅義偉官房長官は31日の記者会見で、「成長と分配の好循環を拡大するためには、賃上げを通じて消費を活性化していくことが重要だ」と語った。

12年末に第2次安倍政権が発足してからの引き上げ額は125円に達した。19年度も目安通りになれば、計152円の増加となる。人件費の負担が増え続…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]