日銀総裁「緩和かなり前向き」 円高をけん制

2019/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀の黒田東彦総裁は30日、金融政策決定会合後に記者会見し「従来より金融緩和にかなり前向きになった」と述べた。同日発表の声明文には「物価安定の目標に向けたモメンタム(勢い)が損なわれるおそれが高まる場合には、ちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」と明記。米欧が緩和色を強めるなか、日銀も緩和姿勢を鮮明にして為替が円高に傾くのをけん制した。

(関連記事総合2、経済面に)

黒田氏は6月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]