/

この記事は会員限定です

抗がん剤、心臓の副作用調査

腫瘍循環器学会、治療指針を整備

[有料会員限定]

日本腫瘍循環器学会は2020年初めにも、抗がん剤による心臓の副作用についての詳細な調査に乗り出す。治療現場では様々な抗がん剤が使われて投与期間も長くなり、心臓や肺などの副作用に苦しむ患者が増えている。日本人の状況を詳細に調べて、治療指針の整備などにつなげる。

抗がん剤はがんだけでなく正常な臓器や組織も攻撃するため脱毛や下痢など様々な副作用が起こる。一部の薬は心臓の働きを弱めたり、血栓を作りやすく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り236文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません