日銀は追加金融緩和の判断は慎重に

2019/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀は30日の金融政策決定会合で現在の金融緩和策の継続を決めた。米欧が金融緩和に傾くなかで、金融市場では日銀の追加緩和への思惑も広がっているが、副作用も伴う政策の判断は慎重を期すべきだ。

日銀は現在、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)を実施している。また、政策金利の先行き指針(フォワードガイダンス)として、現在の超低金利を「少なくとも2020年春…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]