三菱ケミHD、4~6月35%減益 中国向け家電需要鈍る

2019/7/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三菱ケミカルホールディングスが30日発表した2019年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比35%減の378億円だった。中国向け需要が弱含み、主力のアクリル樹脂原料などケミカルズ事業の採算が悪化した。ヘルスケア事業ではロイヤルティー収入が減った。

売上高にあたる売上収益は1%減の9163億円、一時的な損益を除いた本業のもうけを示す「コア営業利益」は24%減の700億円だった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]