Tokyo 2020五輪競技の海 水質向上作戦
お台場で「水中スクリーン」 都、検証重ね本番へ

2019/7/30付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックでトライアスロンなどの競技会場となる東京・お台場の海で、水質悪化を防ぐ取り組みが進められている。「泳げる都会の海」を目指す東京都が切り札と考えているのが、競技水域を囲み汚染された水の流入を防ぐ「水中スクリーン」だ。台風による水質悪化のリスクを抱えつつも、都は今夏、検証を重ね、来年の本番につなげる考えだ。

7月下旬、レインボーブリッジを望むお台場海浜公園(東京・港…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]