AI・医療に成長期待 人手不足や高齢化受け

2019/7/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社が中堅上場約1000社「NEXT(ネクスト)1000」を対象に、株式時価総額を予想売上高で割った株価売上高倍率(PSR)を調べたところ、上位には人工知能(AI)や医療関連の企業が並んだ。規模拡大に対する市場の期待が大きい。人手不足や高齢化を背景に独自の技術・サービスを生かし成長を目指す。(関連記事をNEXT1000面に

PSRは6月末時点の時価総額を、会社が同時点で出した2019…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]