/

この記事は会員限定です

アシストスーツなど実用段階 瀬戸内での普及、連携カギ

[有料会員限定]

スマート農業は大規模化が進む北海道や九州、研究機関に近い北関東が主導してきた。瀬戸内は施設園芸でアジア最大級のガラスハウスを営むサラ(岡山県笠岡市)などの例もあるが、露地栽培では遅れ気味だった。

スマート農業に詳しい日本総合研究所の三輪泰史氏は「ドローンやアシストスーツなど中山間地農業にも適した技術が実用段階に入り瀬戸内も数年でキャッチアップできる好機が訪れた」と話す。

好機を迎え、域内連携も加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン