/

この記事は会員限定です

日本、規模で見劣り

[有料会員限定]

暮らしや産業を一変させる可能性を秘める「破壊的イノベーション」を生むため、トップダウン型の大型研究を強化するのは国際的な流れだ。

全米科学財団(NSF)は「10大アイデア」と呼ぶ事業を始め、2018年10月から年間約3億ドル(324億円)規模の資金を投じる。欧州連合(EU)は18年からの3年間で27億ユーロ(3240億円)をハイリスク研究などに投資。中国も「中国製造2025」で研究投資を拡大する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン