加工用レーザーとは

2019/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

加工用レーザー レーザーは広がらずに真っすぐ進む特性を生かし、距離や形状の精密な測定、光ディスクの情報の読み取りなどに使われてきた。近年、出力の大きなレーザーを発生させる技術によって加工の用途でも利用が広がっている。金属やプラスチック、ガラスの切削、穴あ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]