高性能レーザー研究開発に熱
三菱電や東大、微細加工高精度 ものづくり力で世界と競争

2019/7/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

高性能のレーザーを材料の加工に生かす研究が熱を帯びてきた。先行する欧米や中国などがしのぎを削るなか、日本は極めて精度の高い微細加工を実現するレーザーで巻き返しを狙う。大量の加工データと人工知能(AI)を組み合わせ、最適な加工法を導き出す試みも始まった。日本のものづくりの競争力を維持するカギとなる可能性がある。

金属などの材料加工には切削や溶接、研磨、穴あけなどの様々な方法がある。レーザーを用いる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]