/

この記事は会員限定です

英監査改革は「質」高めるか

欧州総局 篠崎健太

[有料会員限定]

英政府は23日、企業統治の監督当局である財務報告評議会(FRC)の次期会長に、5月まで英製薬大手グラクソ・スミスクラインの最高財務責任者(CFO)だったサイモン・ディンジマンズ氏を任命すると発表した。秋にも就任する同氏の大きな使命は、企業監査改革の推進だ。

FRCが7月10日に公表した年次報告書。主要350社に対する監査の抽出調査で合格とされたのは全体の75%にとどまった。前年の73%からほとんど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン