/

この記事は会員限定です

革命企て人質と半島へ

「よど号」ハイジャック事件 航空機、保安強化の契機に

[有料会員限定]

1970年3月、日本初のハイジャック事件が起きました。若者9人が日航機「よど号」を乗っ取り、朝鮮民主主義人民共和国の首都・平壌へ向かったのです。事件は航空機の保安対策を見直す契機になりました。今回の現代史をめぐる旅は、日本や韓国の人々の証言とともに、昭和の大事件の舞台裏を振り返ります。

夏を迎え、空港は観光地への搭乗を待つ人々で混雑しています。70年代初めは航空機の利用者も少なく、いまのように先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン