/

この記事は会員限定です

いじめ認知件数 取り組み姿勢映す面も

[有料会員限定]

いじめを苦にした子供の自殺が全国で後を絶たない。痛ましい犠牲を防ぐには大人たちが子供のSOSをキャッチし、いち早く対応する必要がある。文部科学省が学校現場で集計した児童生徒1000人あたりのいじめ認知件数(2017年度)によると、都道府県で最も多いのは宮崎県の108.2件。全国平均の30.9件を大きく上回り、最も少ない佐賀県(8.4件)の13倍近くにのぼっている。

数字だけをみればいじめが多い地域...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン