/

この記事は会員限定です

情緒あふれる「巫山の雲雨」

阿辻哲次

[有料会員限定]

全長六千キロに及ぶ長江のうち、四川省の白帝城から湖北省宜昌市までは奇岩や巨峰が連続する、息をのむ景勝地である。この険しい峡谷で、上流から順に瞿塘峡(くとうきょう)・巫峡(ふきょう)・西陵峡(せいりょうきょう)と名づけられる「三峡」は、かつて長江最大の難所だったが現在では河道が整備され、大型の定期船も就航できるようになって、「三峡下り」の名で国内外から多くの観光客が訪れるようになった。

この三峡の一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン