/

この記事は会員限定です

ヒスタミン検知し働く

沖縄科技大など、人工細胞を開発

[有料会員限定]

沖縄科学技術大学院大学の横林洋平准教授と大阪大学の松浦友亮准教授らのグループは、かゆみなどを引き起こす生体化合物「ヒスタミン」だけに反応して特定の遺伝子が働く人工の細胞を開発した。炎症を起こしている部位で薬剤を放出する治療法などへの応用を目指している。

通常の細胞では、たんぱく質の設計図である伝令RNA(リボ核酸)が小器官のリボソームに送り込まれ、原料のアミノ酸をつなげてたんぱく質にしている。研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン